• スポンサーサイト
  • 2018.07.19 Thursday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

千の風になって / はだしのゲン 前編・後編
千の風になって ドラマスペシャル
第3弾 はだしのゲン 前編・後編


前編は、戦争・飢え・愛国心・非国民
そんなキーワードの中での生きたゲン
後編は、原爆が投下され、ピカドン
黒い雨・死・生きる力
前編も後編もそれぞれに辛く悲しい出来事で
今の時代からは想像できないような事柄ばかり
なのだけど、救いは 真っ直ぐな心
強い気持ちを持った ゲンの父とゲンが
居たから2日に渡り見てしまったドラマでした
いや・・・この番組は
ドラマといは言ってはいけない出来事なんですよね

今自分に この現実が目の前に起きたら
そうイメージすることで
戦争は起してはいけない あってはいけない事と
感じられる人が増えたらと思います。

はだしのゲン テレビドラマ版
中沢 啓治 君塚 良一

4811384202

戦争で食料が無く
人々が飢えを絶えて暮らす中
フラフラの体でも、竹槍の使い方の訓練や
消化活動の訓練をする
全てが、お国の為
訓練をしないもの、命を惜しむ者
戦争を非難するもの 上の言うことを効かない人間は
全てが非国民 どういう扱いをされるかわからない
だから 正しいと思っていなくても 上からの指示は
全て正しい事と思い込むように生活してる人が多かったのだろう
そんな中、主人公ゲンの父親である中岡大吉(中井貴一)は
戦争は間違っている こんな腹が減った状態で勝てるわけない
竹槍などで、アメリカを殺せるはずは無い 間違っていると
主張している 当然 超非国民・・・
警察に連れていかれ、リンチと言って良い拷問を受けたりしても
自分の思いを真っ直ぐ強く持ち貫いている姿が素晴らしい。

そんな中岡大吉(中井貴一)の行動は
結局家族も非国民の子供ということで
酷い扱いをされるのだけど 子供達は
父の言葉を信じていた だけれど長男の中岡浩二(中尾明慶)
だけは、何かがあるごとに非国民の子供だから・・と
疑われることが耐えられず、海軍に志願する

当初工場で働いていたのだけれど
海軍に志願したタイミングが丁度よかったため
たまたま 工場を出た時に工場は空襲に合い
焼けた様だったので ここで命拾いをしている
海軍に志願し訓練中に終戦がきたので
彼の命は繋がったんですけどね・・・

長男不在の中 子供達はやっぱり子供の
発想はあるのだけれど 家族のことを思いやりながら
育てていた麦が実るまで、空腹と周囲からの目に耐えな
ながら生活をしていた。辛い情況の中 
お隣の朴永甫(勝村政信)が周囲に流されず
温かく接するのが印象的でもありました。

麦の穂が実り 今日収穫をする
今日はパンやうどんが食べられると
喜んだその日の朝、いつも一緒に学校に
ゲンと行っている姉の中岡英子(小野明日香)だけれど
たまたまその日は鉛筆を削っていたために
ゲンが先に出かけました。
学校についたゲンは、たまたま校門で
1人の女性に話しかけられたその時
空襲警報もなっていないのに一機の飛行機が飛んできて
何かを落とした・・・その瞬間眩しい光が放たれた
ゲンは一瞬気を失い学校の塀の下敷きになりながらも
無事だったのだけれど・・・今話していた女性の
姿が見えなかった・・・良く見ると
その女性がしていたメガネが目にはいる
そしてさらに良く見ると黒焦げの人がいた
学校の校庭を見ると黒こげになった人が倒れている
慌てて自宅に戻ると家は崩れ人影は無い・・・
そこにヨロヨロと母がやってきた中岡君江(石田ゆり子)
父、弟、姉は家の下敷きになり その時姉は
既に命はなかったよう・・・
弟と父は意識があるのだけれど 挟まった2人を
助けることが出来ないでいると そこに火の手があがり
父は危ないから、母と逃げろという
弟 中岡進次(今井悠貴)には自分がついているからと
熱いよぉ助けてよぉと言う弟の声に気持ちが揺れるのだけれど
父が ゲンは、元気のゲン 母をしっかり守れという
そして麦のように真っ直ぐ強く生きろといいます
父の言葉を受け止め、ゲンは身重の母をつれ逃げると
途中 真っ黒になった人が水を求めており
そこで水を汲んでやると、美味しそうに飲んだ後
すぐにその人は死んでしまい動揺すると
近くを通った医師に、水をやってはいけないと言われます
この人達は水を飲みたいという気力で生きているのだからと
辛い気持ちを振り切り母と逃げるのだけれど
途中で黒い雨が降り始めます・・・
身重だった母が産気ずき ゲンは倒壊した家から
ハサミ持ち出し(借りて)母の指示に従い
子供を取り上げる 生まれた子は女の子 妹が生まれました。
でも、ずっと栄養失調状態の母はミルクが出ないので
ゲンは米を求めて1人で町に出て探し回るのだけれど
食料は何処にもなく、途中で息苦しくなって倒れてしまう
ゲンは死んでると勘違いされ 焼かれそうになったところ
お尻に火がついて目が覚める 兵隊は驚き
救護所にゲンを連れていこうとおぶって歩くのだけれど
途中、その兵隊が倒れてしまう
ゲンは、リヤカーにその兵隊を乗せ救護所に運んで間もなく
その兵隊さんは死んでしまった
突然寒さを訴え、髪が抜け救護所に運んですぐに
その優しい兵隊さんは死んでしまった
救護所から出て髪を触るとゲンの髪も抜けてしまう
自分も・・・死ぬのか?
死という恐怖が襲ってくるのだけど
ゲンは、母と生まれた妹を守らなければという気持ちに
支えられ、食料を探し走る
なんとか、優しい夫婦の家で浪曲を聞かせ
米を貰うことができるのだけれど
その米を奪われていしまいす 奪ったのは
死んだはずの弟進次にそっくりな隆太
隆太は、ピカドンで家族全てを失い
家族を亡くした子供同士つるんで
盗みなどをして生きていた子だった

米は盗まれてしまいなんとかキュウリ1本を得て
母の元に戻ると、母は子供を亡くした人に
貰い乳ができていたので、ゲンにそのキュウリを
食べなさいと与えました・・・。
広島ではもう生きていけないと考えた母は
友人を訪ねる決心をするのだけど
ゲンは広島を離れる前に自宅に行きたいという
焼け焦げた自宅の柱のしたから探しだした
頭蓋骨3つをバケツに入れその場を去ろうとしたとき
お隣の、朴(勝村政信)さんが現れ
以前、父から貰ったという麦の穂を
ここは、向こう70〜100年植物は育たないと
言われてるから持っていないさいと渡すと
ゲンは、麦はどんな厳しい土地でも
真っ直ぐ育つと父ちゃんが言っていたと
自宅のあった場所に、父、姉、弟の分と
3粒の麦を、黒くなった土地に蒔いてから
広島を離れました。
途中、あの隆太と出会い、仲間だった子供達は
警察に捕まったりしており、隆太はひとりぼっち
だった。そんな隆太を1人はしておけず
母に隆太も一緒に連れていって欲しいと頼み
4人は家族となって母の友達の、林清子 (りょう)の
家に向かいます。
清子は優しく迎えてくれるのだけど
人が増えれば、その家の食料は減ってしまうわけで
清子以外からは歓迎されません
時給自足するにしても限りがあり
君江 (石田ゆり子)の母乳が出なくなってしまい
ゲンと隆太は、仕事を探します
立派な男の人が、どんな仕事でもするか?と
話しかけられ、なんでもするという2人に
1週間逃げずに働いたら100円をあげると言われます
その立派な男の人は、吉田英造(佐藤B作)という
酒造工場の主でした
仕事は酒造の仕事ではなく 離れの
臭い部屋・・・・ そこには、包帯に巻かれた
人が居た、その人は吉田政二(成宮寛貴)で
ピカドンで手を失った絵描きだった
周囲の人は、自分を人間扱いしてくれず
本人も絵がかけなくなってしまい
生きる気力を無くしていたが
ゲンと隆太と接することで
笑うことを思い出し、絵を描く気力を持ち
そして生きる希望を見出しました
政二が書いた絵は 裸で麦畑を走りまわる
ゲンと隆太の姿だった・・・。
無事、100円を手にしたゲンと隆太は
妹 友子を医者に連れて行こうと走って
帰るのだけど・・・その時は
既に遅く、友子は死んでしまっていました
病気というよりは餓死
終戦になっても変わらぬ状態が続き
君子は清子への迷惑も考え
長男の浩二(中尾明慶)が帰ってくるかも
しれないと広島に帰る決意をします
バケツに入った頭蓋骨4つを持って・・・
広島に戻ると、焼け野原にいくつかの建物がたって
掲示板には捜し人などの掲示があった
自宅のすぐそばで、運よく浩二と出会うことができた
浩二も生きる希望を失い
バケツに入った頭蓋骨を抱き泣くのだけど
母は、浩二が抱きしめたバケツを奪い取り
バケツの頭蓋骨をばら撒き捨て
あんたらは外に行け生きることを考えろと
いつも優しく穏やかは母が今までに無く
怒鳴ることで 生きる子供達を守る気合を
感じさせてくれる
子供達を外に出すと、ばら撒いた頭蓋骨を
痛かったやろ ごめんな と拾い上げ
抱きしめ でも生きるために必要やった
と涙する・・・・。 
外に出たゲンは、自宅のあった場所に行くと
3本の緑の芽が出ていた
植物は育たないと言われていたその場所に
麦の芽が出ている
やっぱり とーちゃんの言っていたことは
正しかった・・・。
ゲンは、家を作る!と言い
木材をあつめ焼けて錆びた釘を集め
4人で家を建て始め 新しい人生を生きる
決意をする 3本の緑の芽が希望となり
前を向いて進みはじめるという
エンディングでした。

原爆が落とされた時の情況や
その後の被爆状態
戦争の前後の苦労など
実際に体験した人に対して
ショックが少ないようと考えてたのか
やんわりとした表現になっていたのだと思います
あれが現状でなく 本当はもっと酷い物だった
ということを知っておくべきかな?
そして 苦しみはずっと続いてきているということ。

そして、ほんの少しの差が
大きく左右してます
同じ家に居ても母は物干し台に居た為
逃げることができた
ゲンも、塀の下敷きになったことで
命をとりとめた
政二(成宮寛貴)は、広島に住んでいた
人間でないのに、その日広島に居た為に
手を失う結果になったわけですよね
誰もが人事じゃないわけです

様々なシーンで泣けました
本当に見ていて辛いシーンがいっぱいでしたが
印象に残るシーンやセリフも多かったですが

生きるも死ぬも地獄
正しいことをするには勇気がいる


というセリフはとても響きました

これだけ辛い過去を持っているのに
防衛戦を認めるというのはどうかな・・と
思ってしまったり
いまだに武器を持って何かを制しようと
しているアメリカ(一部の人ではあるはずですが)
どうかなと思ったり・・・
トータルで考えると 人というのは
実は、成長しないものなのかと
思わされてしまった・・・。

それに・・・沢山のアメリカを殺してこい
それが美学として育てられた子供達
ちょっと卑屈なじーさんたちが
現在存在するのも こいう教育に
あった後遺症だとも思ってみたり
いろいろ考えること感じることが多かったです
 

===================

千の風になってシリースは
第1弾、家族へのラブレター
第2弾 ゾウのはな子
も見ていたけど
どちらもそれぞれに良かったけれど
家族へのラブレターは見方によっては
ちょっと押し付けがましい表現が多かった
気がしたな・・・感動させよう
泣かせようという作り手の邪念が
出すぎてた(^^;
ゾウのはな子も意味ある気はしたけど
千の風シリーズの中に入れないで放送して
欲しかった気がするな・・・
実際、猛獣処分とかは行われていたのに
当事はテレビ放送などが無かったから
なんとなくは知らされても知らないで過ぎた人も
多かったり、実際にはゲンの方でもわかるように
自分達の食事することが大変な時代でもあり
ゾウの餌を考えるゆとりなどないのが
現状じゃないかと思うので・・・
ゾウのはな子を見てそうだよね・・・って思った後に
はだしのゲンを見ると、こういう時代だったのだから
ゾウのはな子の処分はしかたなかったんだよね
って思わせてしまう気がしたから・・・
別の話しだけど シリーズにすることで
そうなっちゃう気がしたのが気になりました。

【タイトル】
はだしのゲン

     
【原作】
中沢啓治
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
中沢 啓治

4811304004

〔愛蔵版〕はだしのゲン 全10巻
481130408X

【脚本】
君塚良一

【主題歌】
秋川雅史
千の風になって
威風堂々
秋川雅史 半田美和子

B000AHQGJM


【サントラ】
フジテレビ系「千の風になって」ドラマスペシャル
「はだしのゲン」サウンドトラック
TVサントラ

B000ZLS9CK
↑Amazon


↑楽天ブックス 試聴できます

【DVD】
はだしのゲン
中尾明慶 中井貴一 小野明日香

B000ZLS91Q

【演出】
西浦正記
村上正典

【プロデューサー】増本淳
小椋久雄
高井一郎

【放送スケジュール】
2007/08/10-2007/08/11

【放送時間】
21:00-

【音楽】
佐藤直紀

【ロケ地】
広島

【キャスト】
小林廉  :中岡元(少年期)
山本學  :中岡元(熟年期)
今井悠貴 :中岡進次・近藤隆太
中井貴一 :中岡大吉
石田ゆり子:中岡君江
中尾明慶 :中岡浩二
小野明日香:中岡英子
勝村政信 :朴永甫
矢部医師 :平田満
小野武彦 :鮫島伝次郎(町内会長)
大河内浩 :沼田先生
さくら  :菊代
田中要次 :特高刑事
矢島健一 :警察署長
升毅   :佐伯司令官
りょう  :林清子
村田雄浩 :倉田伸介
成宮寛貴 :吉田政二
左時枝  :林セツ
市川勇  :浜田警察官
深浦加奈子:吉田花子
鶴田忍  :田中校長
小林すすむ:医師
ト字たかお:豪邸の主人
佐藤B作 :吉田英造
杉本哲太 :耕作
中島ひろ子:ウメ(耕作の妻)
山下タクロー:林辰夫
松浦寿來 :林竹子

【ナレーター】
山本學

【制作】
フジテレビドラマ制作センター

【関係・関連品】
「はだしのゲン」がいた風景―マンガ・戦争・記憶
吉村 和真 福間 良明

4872622219

ゲンinヒロシマ―物語「はだしのゲン」
中沢 啓治 木島 恭

4062095378


なみだのファインダー
広島原爆被災カメラマン
松重美人の1945.8.6の記録
松重 美人

4324071144

原爆投下・10秒の衝撃 (NHKスペシャルセレクション)NHK広島「核平和」プロジェクト
4140804467

カウントダウン・ヒロシマ
スティーヴン・ウォーカー 横山 啓明

4152086548
  • スポンサーサイト
  • 2018.07.19 Thursday
  • 17:02
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/08/13 4:04 AM, Lady-e→ruko-san wrote:
あは 私もですよ
千の風の曲もね・・・いい曲だけど
あんだけ感動感動って言われると
そうか?って感じもしてみたり
なんかね、歌もドラマもだけど
洗脳系に感じられるのはいまいち引きます
私、洗脳されないタイプんで
洗脳しようしようとした力が強ければ
強いほど 洗脳されずに引くタイプです(笑

手紙もはな子も千の・・・でなければ
悪くないドラマだった気がしないでもない
でも、本文でも書いたように
rukoさんがおっしゃるように
お涙頂戴的な感覚が強すぎましたわ
妙な気起さず作ればよかったのに残念!って感じです

でも、ゲンに関してはホントよかった
だけど、テレビだとマイルドに表現しなくては
って配慮が必要になるのであれば
映画にして徹底的にリアルな状態を表現し
目を覆いたくなるというくらいの方が
戦争は起してはいけないという
恐怖感などもしっかり伝わると思うんですね
やっぱり戦争をしらない人間に知らせるためには
そんくらいしないと
それこそ
「正しいことをするには勇気がいる」
って部分を制作者も実行してくださいな
って感じですかね・・・
よかっただけにそう思いました
2007/08/12 10:16 PM, ruko wrote:
Lady-eさん、こんばんは。

長行のレビューおつかれさまでした。私は正直言うとこの「千の風になって」がブームになったのが気持ち悪いと思ってる(爆)人間だし、それがTBSの「涙そうそう」の使われ方と似た手法でフジの御涙プリーズドラマ的主題歌になったことに非常に抵抗があり、敢えて第一弾と第二弾は見ませんでした。

ただ、今回はこれまで実写化がされたことのなかった「はだしのゲン」だということで見たわけですが、結果から言うと見てよかったかなと思いました。

ただおっしゃるように表現をマイルドにするところと刺激的にするところでメリハリをつけている感じが否めなかったのは確か。

何度も登場していたガラス瓶がぐにゃー、と溶けるあたりや、爆風が人を吹き飛ばすCGなどはものすごくリアルでしたが家の下敷きになった大吉さんたちの描写はなんとなくマイルドで。家の下敷きになって焼死したケースは阪神大震災でもあったのでそのあたりへの配慮もあったのかもしれないですね…。

「正しいことをするには勇気がいる」

これは私にはぐっときました。また、プチ権力をもった人(=小野武彦の町内会長)による陰惨な暴力は現代の子ども、職場問わずいじめ、パワハラなどに通じる物があります。いろいろかんがえさせられた2日間でしたね。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
2007/08/12 10:05 PM
「はだしのゲン」は、小学生のころ戦争を学ぶ「イニシエーションコミック」であり、もちろん読みました。でもやっぱりあまりにも描かれていることの内容が漫画であるだけに描写がリアルで激しく、子供心にひるみまくりなが
ドラマ「はだしのゲン」を見て / アッテンボローの雑記帳
2007/08/12 9:32 PM
 昨日、一昨日と放送された「はだしのゲン」のドラマを見た。最初は放送局がフジテレ
PROFILE
  共感できること
  反対の意見のこと
  BLOGを読でくださった感想など
  コメントを残して頂けたら嬉しいです

  ネタバレ・超ネタバレが殆どですので
  お読み頂く際はご注意ください。
  
  ALBEDO 0.39
  ALBEDO 0.39(FLOWER)
  ALBEDO 0.073
  ALBEDO

  HOME PAGE

EVENT
  
  
  
  
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH (in my log)
COMMENTS
TRACKBACKS
USEFUL
QR
   qrcode
ARCHIVES
NOW, I VISIT TO

RECOMMEND
RECOMMEND
のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編 (JUGEMレビュー »)
のだめオーケストラ,エデルマン(セルゲイ),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,ラン・ラン,東京フィルハーモニー交響楽団,池田昭子,太田雅音,金子鈴太郎,小山清,ペク・ジュヤン
RECOMMEND
のだめカンタービレ スペシャルBEST!
のだめカンタービレ スペシャルBEST! (JUGEMレビュー »)
のだめカンタービレ,ヴァーレク(ウラディーミル),のだめオーケストラ,プラハ放送交響楽団,エレット(パヴェル),日本フィルハーモニー交響楽団,三輪郁,野原みどり,茂木大輔,若林顕,沼光絵理佳
RECOMMEND
のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤) (JUGEMレビュー »)
フランチェスカッティ(ジノ),小山実稚恵,ブロンフマン(イェフィム),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,グールド(グレン),タール(ヤアラ),クリーヴランド管弦楽団,川田知子,ニューヨーク・フィルハーモニック,宮本文昭
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ハゲタカ DVD-BOX
ハゲタカ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

第33回 放送文化基金賞
RECOMMEND
NHK土曜ドラマ「氷壁」オリジナル・サウンドトラック
NHK土曜ドラマ「氷壁」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ, マイケル・ホーンキャッスル, リベラ, ロバート・プライズマン
人気のドラマ氷壁
RECOMMEND
氷壁
氷壁 (JUGEMレビュー »)

玉木宏
第43回アジア太平洋放送連合
ABU賞を受賞(2話)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
TVドラマ「SP」サウンドトラック CLASSICAL TUNES
TVドラマ「SP」サウンドトラック CLASSICAL TUNES (JUGEMレビュー »)
TVサントラ,ロイ・グッドマン,ウィーン楽友協会合唱団,ヨアンナ・コショウスカ,ジョナサン・ボンド,ウラディーミル・アシュケナージ,ロリン・マゼール,サー・ゲオルグ・ショルティ,クラウディオ・アバド,ホルヘ・ボレット,エミール・ギレリス
RECOMMEND
Sound.Earth.Nature.Spirit. Vol.EARTH
Sound.Earth.Nature.Spirit. Vol.EARTH (JUGEMレビュー »)
S.E.N.S.
ラスト・フレンズ
挿入曲 記憶の森 収録
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX
医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

2008/04/02発売
初回限定版に、パスケ-ス
クマちゃんキ-ホルダ-付き
RECOMMEND
「医龍 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック
「医龍 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ, 河野伸, 澤野弘之
ジャケットがダサイのが
超残念・・・
自分で作り直したいくらい(^^;
河野伸 澤野弘之 
関山藍果 Aesthetic
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
救命病棟24時 第3シリーズ DVD-BOX
救命病棟24時 第3シリーズ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

震災が起きてしまったら
何が大切になるのかを
何回見ても考えさせられます
RECOMMEND
TBS系ドラマ 日曜劇場「GOOD LUCK!!」オリジナル・サウンドトラック
TBS系ドラマ 日曜劇場「GOOD LUCK!!」オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
TVサントラ, Naoki Sato, JIN
飛行機のシーンを思い出す
あのワクワク感!
佐藤直紀
RECOMMEND
GOOD LUCK!! DVD-BOX
GOOD LUCK!! DVD-BOX (JUGEMレビュー »)
木村拓哉
木村拓哉・堤真一・柴咲コウ出演の航空関係の話
飛行機好きの私は嵌りまくり
何度も繰り返してみてます
RECOMMEND
プライド
プライド (JUGEMレビュー »)
TVサントラ
私の車載CD
吉俣良
RECOMMEND
プライド DVD-BOX
プライド DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

木村拓哉・竹内結子

アイスホッケー実業団チームの話 愛情・友情・強い信頼を感じる 何度見ても飽きないドラマ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

佐橋俊彦
堤真一・草なぎ剛出演
RECOMMEND
RECOMMEND
神様、もう少しだけ ― TV オリジナル・サウンドトラック
神様、もう少しだけ ― TV オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
S.E.N.S., 深浦昭彦, 勝木ゆかり
in the skyが入ってないのは
残念だがとても良い
RECOMMEND
Celtic Woman
Celtic Woman (JUGEMレビュー »)
Celtic Woman
荒川静香さんがトリノエキシビションやアイスショーで利用した曲が収録 試聴可能
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
AMAZON with Ajax Amazon